女の人

歩行のために

住宅

どうしても歩行時に転倒してしまう危険性があります。それを回避するためにもリフォームすることが大切です。手すりを設置することにより細かい工夫で、転倒しないようにすることが可能です。

Read More...

バリアフリーは大切

キッチン

バリアフリーを行うメリット

バリアフリーに取り組むことで、外出しやすくなるので、高齢になっても社会に参加することができ、自分の力を社会のために使うことができます。怪我や事故に巻き込まれる可能性を減らすことにも繋がります。家の中の段差をなくしたり、手すりを取り付け用意するなどのリフォームをすることもでき、体を動かすことが大変な人のストレスを軽減することができます。

バリアフリーの問題点

バリアフリーを行うときには障害物を取り除くことが必要ですが、費用が掛かるため、整備が行われていない場所があります。バリアを無くしている場所に行くまでに障害物などがあると行動が難しくなるため、街をより過ごしやすくする方法を住民が考える必要もあります。家のリフォームをするときに手すりを取り付ける場合は、使う人の位置にあっていないと設置が無駄になります。

バリアフリーについて理解しましょう

バリアフリーを行えば体を動かすことが困難な人でも外出ができますが、障害物を取り除けていない場所もあります。家で障害物を無くすときも家族で事前に話しあって、どこを改善したいかをはっきりしないと無駄なリフォームになります。外に出かけているときに段差などを移動できずに困っている人がいたら、助けることが大切であり、障害物を取り除くことがどれほど大切なのかを考えましょう。リフォームの時には業者に問い合わせて、どのようにリフォームするといいか確かめておくといいでしょう。

段差を減らす方法

男性作業員

バリアフリーの一つに段差を減らすという方法があります。住宅の段差を減らすことで、段差を乗り超える機会を減らして、歩きやすくなります。住宅のスペースに合わせて段差を減らしましょう。

Read More...

転ばないよう

空と住宅

転ばないよう手すりを取り付けておくことも大切です。手すりを取り付ける方法は、難しくありませんが、より固定された手すりを取り付ける際は、手すり取り付け工事を行う業者に頼むことが大切です。

Read More...

Associated Link