住宅模型

転ばないよう

空と住宅

本人が一人で生活をするときも便利

いくらバリアフリーで車いすなどでも問題なく動けるといっても、便器に座り直すときなどにはどこかを掴んでおかなくてはなりません。ちょうどいい位置に手すりがあると、それだけで安全性がぐっと増します。高齢者でも一人で生活しやすくなりますから、取り付け工事はできるだけ早いうちにやっておくのが理想です。これがあるだけで、生活面における便利さが段違いです。

介護者にとってもメリットが多い

バリアフリーをした上でいい場所に手すりがあると、介護をする人間にとっても大変便利です。タオルなどのものをかけておくのにも使えますし、介助作業をするときにも利用価値が高いです。比較的安全に仕事ができるため、あると感謝されるケースが多いです。万が一の事故などを防ぐこともできますから、コストもそれほどかからない工事ですし、すぐにやっておくといいです。

とても設置は簡単ですから

手すりだけを必要な部分に設置する作業は、とても簡単に済ませることができます。それほど高度なリフォーム作業ではなく、値段も手頃にすることが可能です。大きなホームセンターなどでは、部品がすべて売っているので、買ってきて自分たちで取り付けることもできたりします。壁などが特殊でないなら、ネジを回して取り付けるだけでいいので楽です。ただ、どうしてもそれだけでは不安定になることがあります。手すりが不安定なときはすぐいn業者に頼んで取り付けてもらうといいでしょう。